FC2ブログ

ちょっと持ち直した


今日も暑かったぁ~~~


いや、今日  暑かった。 


焦げるか溶けるか。。。



エアコンの効いた部屋から

外へ出たら

10秒で汗がにじみだす。



記録では36度となってるけど

無風状態だったから

空気がもあ~~~~~~っとして

世の中じゅうがサウナ


体感的にはもっとあったんじゃないかな。



朝、洗濯や掃除など

ひと通りの用事を済ませたころには

汗びっしょりで

何かスポーツでも

やった感じの疲れ方



はぁ


まだまだこれからひと月以上続くぞぉ。。。

がんばれぇぇぇ



午後から針を持ち

6か所ある2時間コースがすべて終わった。

だいぶ慣れてきたから

もう少し早くできるかと期待した最後の一か所は

ほんの


ほんの


10分縮まっただけ。




a-IMG_2739.jpg 


代わり映えしない画像ですわぁ



どんなキルトができるのか

楽しみにしていてね













にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村
スポンサーサイト

うぅぅ。。。めげる(;_;)



本線の6キャビンに戻った。


a-IMG_2736.jpg


↑この六角形をはめ込む





2cmごとに

こちらとあちらの山が合うようにピンを打ち

2cmごとに返し縫い



 a-IMG_2735.jpg


縫っても

縫っても

ちっとも進まん



たかだか210cmに


2時間もかかる!









にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

ボツになったブロックで作った〇〇

昨日

どうしようか

と考えてた〇〇は。。。



バッグやポーチなど

仕立てが要るものは時間がかかるんで避け

やっぱり平たいものに。



a-IMG_2725.jpg 


↑こんな風にピースワークし。。。





土台になる布、シート状の綿に

つないだ一枚(トップ)を載せて

放射状にしつけをかける。

放射状にかけるのは

たるみを外側に逃がすため。


a-IMG_2726.jpg 


↓その3層を一緒に縫うことを

キルティングを施す

という。



↓これがキルティングが済んだもので

放射状のしつけを取り除き

ふわふわ感が落ち着いた状態。


a-IMG_2727.jpg 




これを額装した。





ミニログ 


また、これが

ちょうど収まる額があったんだなぁ~

笑っちゃうゎ。



ハンドで作る

パッチワークキルトは

とかく時間がかかる手仕事。


時間がかかるから敬遠される部分と

時間がかかるからのんびりした時間を楽しめるという

相反する受け止め方があると思う。



毎日のあわただしい生活の中で

ゆっくり、ゆっくりと縫い進めることで

何となくいろんなことが頭に浮かび、消えて

また浮かび、そしてまた消えてゆく

そんな意味もなく過ぎる時間があると

少しずつ気持ちが落ち着いてゆく。


それこそが

時間のかかる手仕事の魅力なのだと思う。



それでも早く仕上げたい

それは

気が急くのではなく

早く仕上がりが見たい

早く使いたい

そんな思いから。




早く仕上げるためには

道具を使いこなす方法もあるし

知識があれば失敗(心が折れる&やり直し)を防げる。

この二つは初心者でも指導者につけば叶う時短。



もう一つは

繰り返し失敗することで見えてくる要領

先を見据えて失敗を避ける経験値

配色力

自分のペース


これらは悲しいかな

経験でしか習得できない。


そして

長年やっていると

指さばきが良くなる。


道具、針、糸

それらを無駄な時間をかけずに

スムーズに操れるようになる。


実際には縫う速さより

実は

トラブルを回避できる製図を描く力

布を選ぶ決断力

的確な道具を使いこなす。

そういうことが

無駄な時間をカットできることにつながる。






私がまだペーペーだったころ

ベテランのキルターは

なぜ、そんなにすぐに仕上げられるのか?

(スタッフさんが作ってる場合を除き)


とても不思議だったのだけど

20年やってきて

そんなことが見えてきた。


今回、一日でやっつけられたのは

集中してやってはいるけど

死に物狂いでやったわけではない。

上に上げたようなことが出来るようになったからで

昔の私には絶対にできなかったことだ。




時間がかかるキルト作りも

そんなことが出来るようになると

面白くなってくる。



段階的ではあるけど

大きなキルトは時間がかかるから、

と敬遠せず

時間がかかるからこそ楽しんでいただきたい

手仕事だ。


今回出来上がった作品も

展示します。




---- *everydayquilt*作品展2015 ------

「見てみて!私のログキャビンキルト」

2015年11月28(土)~30(月)

京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸1F

Gallary Teke  two





*珍しくプロセスを詳しく挙げたのは

最近、パッチワークキルトを知らない同級生が

見てくれてるからです。

 





にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

ボツになったブロックで作る〇〇


作品展の

私のメインとなる作品を後回しにして

もうひとつのログにかかっていたのは

ギャラリーの入口、言わば表札となる場所に

展示するログがないということで

急きょ作ることになったわけだけど

だったら

これをDMに使おうというたくらみも同時に沸き上がったからだ。



もうひとつのログを先に手掛けたおかげで

DMにする予定だった6キャビンの期限が

実質延びた。


実は、

これも計算しての割り込みだったのだ。




さて、その”もうひとつのログ”が終わって

本線の6キャビンに戻るんだけど、

もうひとつのログの時に試行錯誤して

結局出番がなくなったブロックがあった。





a-IMG_2724.jpg 


さんざん悩んで作ったこの子たち。

捨ててしまってもいいけど、

気に入ってるゆえに

何かに使えないだろうかと

時折手にして

横に並べてみたり

縦に並べてみたり

四角に並べてみたりしてたけど

結局真剣に考え抜いてなかったので

そのまま机に横に寄せてあった。


6キャビンに戻る前に

この子たちを

どうにかしたいなぁ


タイトルに

「。。。。〇〇」

としたのは

私自身、まだ何に作り上げるのか

決めてないからだ。



バッグにしては小さすぎるし

周りを付けて大きさを変えるにしても

仕立てることを考えたら

脱線しすぎる。



タペストリーにするって言っても

たった18cm


さぁ、どうするかなぁ~~










にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

もうひとつのログキャビン~ついに完成~


今日のレッスンで

生徒さんに見てもらうことを目標に

昨日、ちょっとがんばって完成させました。




a-IMG_2716.jpg 






a-IMG_2717.jpg 




a-IMG_2720.jpg 



ログ1  




キルトも絵画と同じで

作り手はいろんなところにこだわって作ります。

いろんな部分に緻密な計算をして

作ります。




そして

自分の手から離れて展示したら

そこに黙って鎮座するだけ。



それを

どのように感じるかは

観る人の自由です。




想像を膨らませて

解読?してみるのも

キルトを観る楽しみのひとつだと思います。


お近くの方は

ぜひ

実物を観にいらしてください。




----- *everydayquilt*作品展2015 ------

「見てみて!私のログキャビンキルト」

2015年11月28(土)~30(月)

京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸1F

Gallary Teke  two

 












にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

もうひとつのログキャビン~止まっちゃった!~

あとちょっと

というところで別のものを挟んだら週末。



夕べは

早めに休んだのに

朝もゆっくりのお目覚めで

たっぷり睡眠取ったら

すっかり脱力してしまい

スイッチが切れた。



やらなきゃ



と思いつつ

そんな日は

何をやっても体がとろい。

手も動かない。




一気にやってれば

もう出来上がってる頃。






a-IMG_2710.jpg 




明日はもうちょっと進められるかな。。。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

ヘクサゴンのソーイングポーチ、お揃いで


やりかけの

”もうひとつのログ”のキルティングは

ボーダーが

あと一辺となったところで中断し

西陣織会館のカルチャーの見本を作っていました。


a-IMG_2708.jpg 

ヘクサゴンははめ込み縫いになりますが

はめ込みが苦手な方と

そうでもない方がいるようです。


私が初めてそれを体験した時は

なんだかマジックみたいで面白い!

と思ったもんです。



今回、

カルチャーの生徒さんがどんな印象を持ってくれるか

それによって

第二弾を提案するかどうか決めようと様子をうかがっていたところ

幸い好印象だったので

6月に作ったレッスンバッグと

お揃いで作ってもらうことにしました。



レッスンバッグとお揃いということなので

裁ちはさみも入る少し大きい目の

ソーイングポーチとなっています。



ファスナー付けがゆがまないように付けるのが

ポイントですかねぇ~


ファスナー付けは経験だしね。

がんばってもらお












にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

もうひとつのログキャビン~キルティング中~


あつ。

もう夏やん。



さて

最近は小物作りが中心だったので

ひっさしぶりの

フープ使ってのキルティングです。


b-IMG_2696.jpg 


昔は縫い目にはがっつり落としキルトを入れてたけど、

最近はさらっと入れるのが

”今時”

みたいです。


ピースが小さいところに落としを入れると

窮屈な感じが出るから

さらっと入れてます。


さらっと、ね。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

もうひとつのログキャビン~トップ完成~


もうひとつのログキャビン

やっとこさトップが完成した。



a-IMG_2692.jpg 


ボーダーの三角は

メインのかっちりしたログを和らげるように

ゆるやかにカーブを描くようにデザインしてある。


少し距離を置いて見ると

その効果がわかる。






はずだ。










にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村

もうひとつのログキャビン~6cmのコーナーに苦戦~

今回の台風11号は

ここ京都市内でも

昨日の朝から夜中までずっと土砂降りでした。

今朝、起きるころにようやく止み始めたくらいです。


市内の極中心部は大雨警報が出たくらいでしたが

狭い市内の周辺部は山が近いので

土砂災害警戒情報や避難勧告が出ている地域がありました。

こんなことはめったにありません。

京都に限らず

台風11号の進路になった地域の皆様

被害が出ないことをお祈り申し上げます。



さて、そんな昨日

当然のことながら引きこもって

もうひとつのログと戦っていました。


このキルトは

ディスプレイする場所の幅が70cmと決まっているため

60cm以内には収めたいという制限付き。


キルトにボーダーを付ける場合、

問題になるのがコーナー

縦と横に方向性のあるものを入れる場合

コーナーで方向が変わるため

同じものは入れられないが

流れをキープするものを入れるか

一旦、関連性のないものをはめるか

どっちにしても何かしらの関連性は持たせたい。


頭を悩ますそのコーナーは

たった6cm。


この6cmをどうするかで

失敗か完璧かに分かれる。


ここにこだわるための

数字の計算と

狙いのための計算を一致させるために

模索が続く



一人でやっていると煮詰まってしまうので

信頼できるキルターに相談のメールを送ってみた。


彼女は

私の狙いたいところと

迷っているところを

言わずとも感じ取ってくれて

なおかつ客観的にアドバイスしてくれる

とても頼れる存在。



二日にわたって付き合ってくれたおかげで

ようやく方向性が決まった。


a-IMG_2685.jpg 


一つの色が放つ全体への影響を

どのくらいの分量にすればちょうどいいか

何度も作り直して確認する。


そこで私たちが思いがけず気が付いたのは

同じ色の布を使っても

無地とプリントでは

感じる色の分量が違うということ。

一般的に無地はインパクトが強いといわれているが

あながち

そうでもなかった。


無地で模索していた時は

その色の分量ばっかりに気を取られていたが

思い切って同じ色でプリントに変えたら

離れたところにあるアップリケの色が一気に浮き出てきた。


なんということでしょう

(ここで、”匠”の曲が流れる)


こんなことがあるからキルト作りは面白い。

だから

止められない止まらない

(ここで”かっぱえびせん”の袋を開ける)



彼女のおかげで

ようやく決まったトップの全体

決まると早く布を切りたくなる

縫いたくなる。

今日もまだ台風の影響が残ることを言い訳に

引きこもることにしよう










にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村
プロフィール

ゆかねぇ

Author:ゆかねぇ
公益財団法人 
日本手芸普及協会パッチワーク指導員
京都市上京区で教室開講中。

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問ありがとう♪
月別アーカイブ
アルバム
*everydayquilt HP
Quilt Shop *everydayquilt*
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示