Welcome to my blog

*everydayquilt*

 新券が使えない症候群

こんにちは
今日(きょう)は

「私は気にしないわ~」

「わかるわぁ~~~~」

意見が二つに分かれるであろう
話題。


私は
敬意を表す相手にお金を渡すときは
必ず
「新券」
を用意します。



新券 

例えば
いつもレッスンの時にお借りしている
『室料』

ワークショップを受講した時にお支払いする
『講習料+材料費』

カルチャーの
『レッスン料』

他には
『町内会費』

『お布施』

『コンテスト参加費』

『何かの会費』
そして
『立て替えていただいたお金を返すとき』

などなどです。


予め金額が分かっているのに
その日
出かける時にバタバタと
必要な金額を用意すると
まん悪く
よれよれ
しわくちゃのお札しかない
しかもきっちりの金額がなく
お釣りをもらわなくてはいけない。
もしくは
小銭ばっかりになってしまう。

そんな経験ないですか?

でも
決して相手のことを粗末に思っているわけではないんですよね。

レッスン料に関していえば
数日前から
レッスンの準備をしているということが
先生に伝わります。
課題が出来ているとかできなかったとか
それとは別のこと。
「今月もよろしくお願いします」
という気持ちを
伝えられるような気がしますし
(これも近年ではビジネス化してますので賛否ありと思いますが)
慌てて準備すると
レッスンに必要な持ち物の準備も
バタバタしてしまい
忘れ物をしてしまうリスクも発生しがち。
レッスン料をあらかじめ用意することで
気持ちにも
余裕が生まれると思うのです。

レッスン料ならなおさらですが
レッスン料に限らず
渡すお金が
新券で用意できなくとも
できるだけ
きれいなお札を用意する。
お釣りがないよう
細かくなりすぎないよう
数日前から
準備することで
「あなたのことをちゃんと考えてますよ」
という意思表示になると思うのです。


新券をいただいた方が
少し恐縮した気持ちになるのは
「数日前から自分のことを考えてくれていたんだ」
という気持ちが
伝わるからだと思います。

私も生徒さんから新券でいただくと
また新たな気持ちになり
身が引き締まります。



話が長くなりましたが
そんなこだわりがあるものですから
出来るだけ
わざわざ
新券両替に行かなくても済むように
お買い物をしたときに
もらったお釣りに新券が混ざっていたり
ATMでお金を引き出したときに
偶然
新券が出てきたときは
くしゃくしゃにならないように
別のところに移して
ストックしておきます。

要するに
必要で引き出したのに
そのほとんどが新券だったら
使えない
最悪です(笑) 

新券を使えない症候群
とは




私のことだよぉ~~~~~~エ~~ン、エ~~ン







アメブロでも書いてます→everydayquilt 手づくりしちゃいましょう♪
ホームページ




オンラインショップ
Quilt Shop everydayquilt




スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment